新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国立感染医学センターの大曲貴夫氏「新型コロナは悪化スピードが物凄い早い」「僅か数時間で人工心肺」「かかっちゃいけないと思います」

国立国際医療研究センター病院の大曲貴夫・国際感染症センター長が新型コロナウイルスに対して強い警鐘を鳴らしました。

3月25日に東京都の小池都知事が行った記者会見に同席した大曲センター長は新型コロナウイルスについて、「8割の人は本当に症状が軽いんです。ただ、残りの2割の方は入院が必要で、全体の5%の方は集中治療室に入らないと助けられない」と述べ、症状が軽い人と重い人の差が極端だと指摘。

その上で、新型コロナウイルスは悪化すると猛烈な速度で体調が悪くなるとして、「それまで話せていたのに数時間で酸素がドンドン足りなくなって、人工呼吸器を付けないともう助けられないという状況になる」「それでも間に合わなくて人工心肺装置を付けないと間に合わない。ということが目の前で一気に起こるんですよ」とも言及しています。

最後には物凄い怖いウイルスだとコメントし、最善の対策は新型コロナウイルスに感染しないことだと強調していました。

僅か2分程度の短い説明ですが、この大曲センター長の説明は日本中に衝撃を与え、新型コロナウイルスの驚異と危険性を分かりやすく説明しているとして注目を集めています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!