新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

事実上の医療崩壊と緊急発表!救急医学会と臨床救急医学会「患者の受け入れが困難な状態になっている」


日本救急医学会と日本臨床救急医学会が事実上の医療崩壊が現在進行系で発生しているとの声明文を出しました。

声明文の中で学会は、新型コロナウイルスの影響で重症患者を救命救急センターが受け入れることが困難な状態になっているとして、「本来の重症救急患者の受入れができなくなっている事態が生じています」とコメント。

同時に外傷や疾病があって運ばれてきた救急患者が、後から新型コロナウイルスの感染者だと発覚する事例も増加中だと発表し、このままだとあらゆる医療体制が崩壊する恐れがあるとまとめていました。

そして、現状は感染拡大を防ぐための陰圧室が不足している上に、医療用マスクや個人防護具などの在庫も少なく、救急医療に携わる医療者の安全が確保できないとも言及しています。
極めて切迫している内容の声明文だと言え、もはや一刻の猶予も残っていないと思われるところです。

 

新型コロナウイルス感染症に対応する学会員、救急医療関係者の皆様へ
https://jsem.me/news/items/ad4c870a930fdffef24e985602e7b607915c3961.pdf

日本救急医学会および日本臨床救急医学会の学会員、救急医療関係者の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応に日夜ご尽力されておられることと存じます。ご自身の感染のリスクを顧みず診療を継続されているプロフェッショナリズムに心より敬意と感謝を表します。
この度、緊急事態宣言が行われ、その中で「医療提供体制がひっ迫している」ことにも触れられていました。医療崩壊が生じる際の最初の兆候は「救急医療体制の崩壊」ですが、これは私達がすでに実感しているところです。学会員の方からも窮状を訴える声が届いています。そこで、現時点で救急医療が直面している課題を整理して会員の皆様と共有するとともに、行政等の関係者にも現在の課題を理解していただくためにこの文書を作成しました。

救急医療「崩壊すでに実感」、受け入れ困難 2学会声明
https://www.asahi.com/amp/articles/ASN4B61NNN4BULBJ00W.html

 新型コロナウイルスの感染拡大で、脳卒中などの重症患者を救命救急センターが受け入れられない事態が起きているとの声明を、日本救急医学会と日本臨床救急医学会が9日、公表した。医療従事者が使う感染防護具も圧倒的に不足し、救急医療体制の崩壊を「すでに実感している」と危機感をあらわにしている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!