新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

野次を飛ばしたのは誰?自民党の杉田水脈議員、無言で逃げる!野党が事実確認を要求 自民党は特定せず

*杉田水脈氏
1月22日の代表質問で国民民主党の玉木雄一郎代表が夫婦別姓制度の導入を求めたところ、自民党の議席から「だったら結婚しなくていい」などと野次が飛び出た問題で、野次を飛ばしたと言われている杉田水脈議員が逃げ回っています。

国会の終了後に杉田水脈議員は記者からも追及されるも、無言を貫いて逃走。エレベーターに乗り込む時は電話をずっと使い、話し中だからだとして取材には一切返答しませんでした。

野党からは夫婦別姓制度を否定した重大な発言だとして、衆院議院運営委員会理事会で自民党に事実確認を求める意見も飛び出ています。ただ、自民党は発信者を特定しない見通しで、この対応を含めて批判の声が殺到しているところです。
杉田水脈議員は過激な右派系の活動家としても知られ、過去にLGBT(同性愛者)への暴言で大炎上したことがありました。

 

野党「自民・杉田水脈氏がヤジ」 夫婦別姓巡り 事実確認要求
https://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/202001/CK2020012402000141.html

立憲民主、国民民主両党は23日の衆院議院運営委員会理事会で、選択的夫婦別姓の導入を唱えた野党の代表質問に「だったら結婚しなくていい」とヤジが飛んだ問題に関し、自民党の杉田水脈(みお)氏を名指しし、同党に事実確認を求めた。自民党は持ち帰った。発言者を特定しない方針だ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!