新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスが変異か 中国の調査班代表「インフルの20倍に強まっている」「遺伝子が変異した」

*中国新聞
中国の新型コロナウイルス調査チームの代表が、ウイルス変異の可能性について言及しました。

調査チームのトップである鍾南山医師は感染症の国際会議で「ウイルスはすでに遺伝子が変異した」と述べ、新型コロナウイルスが遺伝子レベルで変化していると指摘。
既に人間の体内の環境に適応しているとして、これまで予想されていた以上に長く生存できるとコメントしています。

現時点で致死率はインフルエンザの20倍に匹敵すると分析され、いわゆる集団免疫にも「犠牲者が増える恐れがある」と否定的な見解を示していました。
状況的に治療薬やワクチンの開発を待つしか無いとして、それまでに感染する人を出来る限り減らすのが最善だとまとめています。

 

新病毒基因突變 鍾南山:傳播力更大
https://std.stheadline.com/daily/article/detail/

機械翻訳:
中国工学院の学者であり、国家保健衛生委員会の高レベルの専門家グループのリーダーである牙中南氏は、昨日韓国の流行予防専門家と連絡を取り、新しいコロナウイルスの遺伝子が変異していることを初めて述べた。これは人体での生存に非常に適しており、比較的大きな広がりを持っている。インフルエンザと比較して、死亡率は20倍以上高く、この問題は注目に値します。

钟南山:新冠病毒基因突变已适应在人体生存,群体免疫行不通
https://c.m.163.com/news/a/F9SA4GR60514R9P4.html?spss=newsapp

今天(4月10日)下午,中国驻韩国大使邢海明邀请钟南山院士与韩国防疫专家李钟求在央视新闻直播间视频在线交流。钟南山从隔离措施、病例数据、治疗方法等方面向韩国专家介绍了疫情以来中国对新冠肺炎的防控和治疗经验。关于全球疫情走向的问题,钟南山做出了回答。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!