新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

クラスター班の西浦教授「今までの生活が返ってくる保証は1年以内にはありません」 NHKスペシャルで言及 

4月11日に放送されたNHKスペシャルで、政府のクラスター対策班である西浦博教授が厳しい現実を語りました。

西浦教授は今後の見通しについて、「今までの生活が返ってくるかどうか、その保証はすぐ近くの未来1年以内にはありません」と述べ、来年になっても生活や経済が元に戻る保証がは無いと指摘。
新型コロナウイルスの影響が長期化する恐れもありとして、今の内に出来る限りの対策を講じるべきだと強調していました。

この番組では新型コロナウイルスの感染封じ込めに尽力している多数の医者や専門家らを取材しており、他にも押谷医師が「このまま都市閉鎖と感染流行が繰り返されると人の心折破綻してしまう。その先には闇しか無い」などとコメントしていた場面が印象的だったところです。

 

「新型コロナウイルス 瀬戸際の攻防 〜感染拡大阻止最前線からの報告〜」
https://www.nhk.jp/p/special/ts/2NY2QQLPM3/episode/te/BLNZP53V36/

東京・霞ヶ関、厚生労働省の一室。日本の新型コロナウイルスの感染拡大阻止を担う対策チームにカメラが入った。30人以上の感染症の専門家で作られた「クラスター対策班」である。東京での感染者の急増、院内感染の増加、地方への感染の連鎖、緊急事態宣言…対策班は、時々刻々と変化する事態に対応を迫られ続けていた。感染拡大阻止の最前線の現場への密着を通して、新型コロナウイルスとの果てなき闘いを見つめる。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!