新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米トランプ大統領「新型コロナは真珠湾攻撃や同時多発テロよりも深刻だ」「中国で止めるべきだった」


*ホワイトハウス
アメリカのトランプ大統領が記者会見を開き、新型コロナウイルスは太平洋戦争の真珠湾攻撃や2001年の同時多発テロ事件よりも深刻な攻撃だと言及しました。

トランプ大統領は中国の行動が新型コロナウイルスを広げてしまったと指摘し、「アメリカが経験した中で最悪の攻撃だ」とコメント。
新型コロナウイルスによる国内の状況について、真珠湾攻撃や2001年の同時多発テロよりも深刻だと指摘しました。

過去に例がないほどの大打撃を受けているとして、「ウイルスは中国国内で止めることができた。発生源で止めるべきだった」と述べ、中国に対する怒りのコメントを投げ掛けます。

新型コロナウイルスの影響が悪化すればするほどトランプ大統領は中国への批判を強めており、米中関係の悪化が懸念されているところです。

一方で、中国の方も「中国への感情が悪化している」として、アメリカとの衝突を視野に入れて有事に備えると表明していました。

 

トランプ氏、新型コロナ「真珠湾攻撃よりひどい」…「奇襲」印象付けか
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200507-OYT1T50003/

【ワシントン=海谷道隆】米国のトランプ大統領は6日、ホワイトハウスで記者団に、米国で感染拡大が深刻化する新型コロナウイルスについて、「米国が経験した最悪の攻撃だ。(旧日本軍に攻撃された)真珠湾よりひどい」と述べた。

中国「全世界の反中感情が最悪、米と武力衝突の状況に備えねば」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00080047-chosun-kr

中国が最近の内部報告書で、新型コロナウイルス問題により全世界の反中感情が1989年の天安門事件以降で最悪になっており、米中武力衝突の可能性にも備えなければならないと評した、とロイター通信が5日、報じた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!