新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚愕】アメリカのADP民間雇用者数、4月は2020万人減少に!失業率は16%!リーマン時の最大値で83万人減 


ADPリサーチ・インスティテュートが発表したアメリカの民間雇用者数が歴史上最大規模の減少幅を記録しました。

5月6日に発表された4月の民間雇用者数は2020万人の減少となり、史上初めて1ヶ月あたりの人数がマイナス1000万人を突破。失業率も16%に達すると予想され、この1ヶ月間で8人に1人が職を失ったと報じられています。
ADP調査は雇用統計の先行指数にもなることから、今月に発表が予定されているアメリカ雇用統計も同じようなマイナスになる可能性が高いです。

2009年に発生したリーマンショックの最大値でも83万人(1ヶ月間あたり)となっており、リーマンショックと比べても桁違いの減少幅だと言えるでしょう。

業種別ではホテル業や飲食店、娯楽関連が全体的にマイナスが大きく、「レジャー・接客業」の項目だけで861万人減少となっていました。1930年前後に発生した世界大恐慌以来の失業率となり、これからの世界情勢にも大きな影響を与えることになりそうです。

 

米ADP民間雇用者数、4月は桁外れの2020万人減-過去最大
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-06/Q9WSSZT0AFB901

4月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比で過去最多の2100万人減少し、失業率は16%に達すると予想されている。
ADPの共同責任者アフ・ユルドゥルマズ氏は「この規模の雇用減少は、いまだかつてなかった。4月単月の減少数だけで、グレートリセッション期に失われた雇用者数全体の2倍を超えた」と発表資料で説明した。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!