新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

こどもの数が1512万人に減少、マイナスは39年連続!東京都のみで増加 15歳未満は全人口の12%だけ


5月5日に総務省が日本における子供の数を発表し、日本全体で1512万人に減少したと発表しました。

2020年4月1日までの統計調査で日本の子供の数は前年に比べ20万人少ない1512万人となり、1982年から39年連続の減少を記録。この数は過去最少で、15歳未満の子供が日本全体の人口に占める割合は12%まで低下していました。
子供の割合は1950年の35.4%がピークとなっており、そこから約3分の1まで減った形です。

都道府県別だと沖縄県が16.9%と最も高く、次いで滋賀県が13.8%、佐賀県が13.5%となっています。子供の数では東京都だけが唯一の増加で、その他の46道府県はいずれも減少でした。
少子高齢化が全く止まらない現状が示されたと言え、このままだと日本は遠くない未来に子供の数が10%を下回るような超高齢化社会となるかもしれません。

 

我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- (「人口推計」から)
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/topics/topi1250.html

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!