新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

天皇陛下の五輪懸念報道で「玉音放送」がトレンド入り!日本中に衝撃、陛下が間接的なメッセージ 加藤官房長官「個人の考え」


*皇居
宮内庁の西村長官が天皇陛下の意見として、東京オリンピックの感染拡大を懸念していると伝えた問題で、その内容が報道された後に「玉音放送」がツイッターのトレンド上位に浮上しました。
天皇陛下の発言が報道された後にネット上では話題のトップに浮上し、ヤフーなどでも話題のニュースとして注目を集めます。

夕方の記者会見で加藤勝信官房長官が「宮内庁長官自身の考え方だ」と述べ、世論向けの火消しを行いますが、それも焼け石に水。
東京オリンピックに不満を感じていた人達を巻き込んで天皇陛下の発言は広がり、「五輪中止の玉音放送を陛下がしてくれるかもしれない」「令和の玉音放送が始まる」などと天皇陛下の中止宣言を期待する声が飛び交っています。

ちなみに、天皇陛下の発言を代理人が伝える形式は昔から多く、今の象徴天皇制になってからこのような形で天皇陛下のご意向を関係者が公の場で発表することが何度もありました。

 

「天皇陛下 五輪開催で感染拡大 ご心配と拝察」 宮内庁長官
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210624/k10013101951000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

宮内庁の西村長官は、来月開幕するオリンピックについて、天皇陛下が現在の新型コロナウイルスの感染状況を大変心配されているとして、関係機関が連携して感染防止に万全を期してもらいたいとする考えを示しました。

宮内庁長官「陛下が五輪ご懸念と拝察」発言に加藤官房長官「宮内庁長官自身の考え」
https://news.livedoor.com/article/detail/20421543/

西村宮内庁長官が、東京オリンピックに関する天皇陛下の受け止めについて、「開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察している」と発言したことについて、加藤官房長官は6月24日午後の会見で、発言は「宮内庁長官自身の考え方だ」との見解を示し、安全安心な大会開催に向けて準備を着実に進める方針を強調した。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!