新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

中東地域に護衛艦「きりさめ」が出港 乗組員全員にPCR検査、新型コロナ警戒で2週間は海上で様子見


*海上自衛隊
5月10日に海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」が中東に向けて出港しました。
護衛艦「きりさめ」は今年6月頃から中東のオマーン湾やアラビア海北部で活動を開始する予定で、新型コロナウイルスの影響もあって出港前に全員のPCR検査を実施。
これから2週間は日本近海で訓練を行いながら、感染者が発生しないか監視するとしています。

乗組員は約200人で、2月から中東地域で活動をしている第1次隊の護衛艦「たかなみ」とは交代で入る形となり、現地に先行しているP3C哨戒機と連携して、中東地域の情報収集活動をする見通しです。

自衛隊の中東派遣については安倍政権が閣議決定だけで決定してしまったとして、野党から反発の声が相次ぎ、国内世論も半数が自衛隊派遣に懐疑的な意見となっていました。

 

中東地域への自衛隊派遣第2次隊 護衛艦「きりさめ」出港
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200510/k10012424001000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_008

中東地域で日本に関係する船の安全確保のため情報収集にあたる、海上自衛隊の護衛艦が、10日午前、長崎県の佐世保基地を出港しました。
出港したのは海上自衛隊の護衛艦「きりさめ」で、中東地域への自衛隊派遣の第2次隊となります。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!