新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米国政府が日本へのF35戦闘機105機の売却決定!売却額は2兆4800億円、維持費や運用費で更に費用アップ


*航空自衛隊
アメリカ政府が日本への戦闘機売却を決定したことが分かりました。

報道記事によると、売却通知がされたのは最新鋭のステルス戦闘機F35で、売却される予定の数は105機、総額で2兆4800億円の取引になるとのことです。一度の武器売却額としては過去最高額となり、技術支援や訓練のためアメリカの専門家らが25年以上にわたって日本を訪問するとしています。

また、これとは別に機体の維持費や運用費も必要となることから、運用期間30年の費用負担は6兆円規模になるとも言われているところです。

F35には対空戦闘に特化した「A型」と空母配備型の「B型」があり、防衛省はF35AとF35Bを合わせて140機以上は配備するとしています。

F35戦闘機を巡っては高い費用負担から見直しを求める声も多かったですが、最終的には今の形で政治的な決定が下されました。

 

アメリカ 日本へ戦闘機105機の売却決定 2兆4800億円
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507651000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

アメリカのトランプ政権は、日本に最新鋭のステルス戦闘機F35を105機、売却することを決め、議会に通知しました。売却額は日本円で2兆4800億円にのぼり、一度に認めた武器の売却額としては異例の規模となりました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!