新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍政権が東京に責任を押し付けか?菅官房長官「感染の再拡大は東京問題と言っても過言ではない」


*官邸
菅官房長官の発言が物議を醸しています。問題となっているのは7月11日の講演会で菅官房長官が新型コロナウイルスに関する発言を行った場面です。

菅官房長官は「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない。東京中心の問題になってきている」と述べ、東京都で感染者が200人以上に増えたのは東京問題だと指摘。
政府として経済活動の再開を認める方向は変わらないとした上で、東京や周辺市町村が連携して新型コロナウイルスを封じ込める必要があるとコメントしていました。

国が責任を東京都に押し付けた形となり、この発言はツイッターでトレンド入りして炎上しているところです。

どうやら、安倍政権の認識として国よりも自治体や知事らの動きが重要だと考えているようで、菅官房長官の言葉も本音だと思われます。先日には国側が東京都に「都民の他県への移動自粛は控えるようにしてほしい」と要請しており、このような流れから考えても感染拡大の原因は国であると言わざるを得ないです。

 

都にチクリ? 菅官房長官、コロナ再拡大は「東京問題」
https://news.yahoo.co.jp/articles/0abd88968fc27975e0bb420bb9262ee7c255500b

菅義偉官房長官は11日、北海道千歳市内で講演し、新型コロナウイルスの感染再拡大について「この問題は圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない。東京中心の問題になってきている」と述べた。政府は新型コロナ対策で東京都と23区の連携強化を求めており、菅氏の発言は都などの対応を暗に批判したものとみられる。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!