新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都で新たに206人感染、92人が感染経路不明!政府は4都県の休業要請検討へ 西村大臣「考えなければいけない」


*東京都
7月12日は東京都で新たに206人の感染者が確認されました。

東京都によると、12日の感染者数は4日連続の200人超となり、その内の4割に相当する92人が感染経路不明だったとのことです。
これで東京都の累計感染者数が7927人に増え、依然として感染拡大傾向が続いていると言えるでしょう。

このような感染拡大を受けて、西村康稔担当大臣が記者会見で「東京で遊べないなら3県に行くということにならないよう、首都圏一体で取り組むことも大事だ。感染状況を見ながら休業要請も考えなければいけない」とコメントを発表し、状況によっては首都圏で再び休業要請を出す場合もあると触れました。

今まで政府はGoToキャンペーンを軸として経済活動の再開を優先していましたが、その方向を変更する可能性があると示唆した形です。
東京都以外の首都圏でも感染者数は増加中で、専門家からは「早めに対応しないと不味い状態になる」と警鐘を鳴らす意見が相次いでいます。

 

東京都 新型コロナウイルス
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/07/12/documents/01_00.pdf

4都県の休業要請検討 感染状況次第で―西村再生相
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020071200211&g=eco

 西村氏は「東京で遊べないなら3県に行くということにならないよう、首都圏一体で取り組むことも大事だ。感染状況を見ながら休業要請も考えなければいけない」と語った。
これに関連し、埼玉県が感染対策の不十分な飲食店へ特措法に基づく休業要請に踏み切る方針を決めたことについて「有効な手段だ」と評価。東京都でのホストクラブなどに対するPCR検査拡大とも合わせ、「こうしたことをサポートしながら、さまざまな検討をしたい」と述べた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!