新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ヒアリ約1500匹、東京港の大井ふ頭で確認と環境省 ヒアリの確認事例は計54件に!封鎖して駆除作業


東京港の大井ふ頭(ふとう)で、毒を持っている「ヒアリ」が多数確認されました。

環境省によると、ヒアリが確認されたのは東京都品川区の東京港大井ふ頭内で、コンテナヤード内の地面にヒアリと見られるアリが1500個体以上も移動している様子が目撃されたとのことです。
地中への出入りも確認されたことから、依頼を受けた調査事業者が確認箇所周辺に殺虫餌(ベイト剤)を設置。

現在は周囲を封鎖してヒアリの駆除作業を行っている最中だと発表されています。

ヒアリが初めて日本国内で確認されたのは平成29年6月で、今回の事例を含めてヒアリの確認報告はこれで計54件となりました。
昨年もほぼ同じ場所でヒアリが目撃されていることから、東京湾経由でヒアリが広がることを懸念する声も多いです。

 

東京港大井ふ頭におけるヒアリの確認について
https://www.env.go.jp/press/108221.html


令和2年7月10日(金)に東京港大井ふ頭内でアリ1,500個体以上が確認され、専門家による同定の結果、特定外来生物ヒアリ(Solenopsis invicta)と確認されましたので、お知らせします。本件は、環境省が実施している定期的な港湾調査において確認されたものです。
平成29年6月の国内初確認以降、これまでのヒアリの確認事例は令和2年7月14日(火)現在で16都道府県、計54事例です

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!