新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

今も336人が入院できず!東京都の入院・療養等調整中が300人以上 「施設が用意できず自宅療養」


東京都で新型コロナウイルスの感染者数が急増していることから、病院に入院することが出来ず、自宅療養などで待機状態になっている患者が多数いることが分かりました。

東京都の発表によると、7月14日夜の時点で陽性と確認された人のうち、入院することが出来ずに「入院・療養等調整中」と判断された人が336人も居るとのことです。

PCR検査で陽性と出ても何らかの都合で隔離されていない人たちをまとめて「入院・療養等調整中」の項目に入れており、詳細な内訳は不明ですが、事実上の自宅療養が大半だと見られています。
東京都では4月に借り上げたホテル契約が期限となっている場所が多く、軽症者の隔離施設が大幅に不足していました。

そこに7月からの感染者増大が加わったことで一気に受け入れ可能施設がパンク状態となった形で、医療機関もコロナ関連の余裕が無くなってきている状態になっています。

また、連絡が取れない陽性者も数百人規模で存在し、こちらも厚生労働省が東京都に詳細を確認しているところです。

 

東京都 新型コロナウイルス
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

感染者の一部と連絡取れず 厚労相「都に再三、お願い」
https://www.asahi.com/articles/ASN7G465KN7GUTFL00F.html

 加藤勝信厚生労働相は14日の閣議後会見で、東京都の新型コロナウイルスの感染者の一部と連絡が取れない状況になっていることを明らかにした。都からは人数など具体的な情報がないとして「都に確認を再三、お願いしている」と述べた。

都内の新規感染者数は9~12日の4日間、200人を上回った。都の発表には、陽性と確認された人のうち入院でも宿泊療養でもない「入院・療養等調整中」という分類があり、13日時点で396人にのぼる。保健所がホテルを含む療養先の調整をするのに時間がかかっているとみられるが、連絡が取れなくなっている人もいるとみられる。加藤氏は「都とよく連携を取りながら、具体的なことについて調整している」と話した。(石川春菜)

 

 

関連過去記事

東京都で新規感染者の入院場所が不足!入院が必要な90人、実際に入院したのは32人だけ!「既に埋まりつつある」
https://johosokuhou.com/2020/07/14/34408/

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!