新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

gotoキャンペーン反対運動が話題に!都医師会長も「Notgotoキャンペーン」と呼び掛け!国は予定通りに実施


政府が観光支援として実施を予定しているGoToキャンペーンに批判が殺到しています。
全国各地の市長や知事から批判の声が噴出しているのに続き、今度はネット上でも国民が「#GoToキャンペーンを中止してください」のハッシュタグを使って反対運動を展開。

更には東京都医師会の尾崎治夫会長も自身のFacebookを通して、「Not go toキャンペーン」との呼び掛けを行い、飲み会や外出を控えるように提案していました。

尾崎会長は「市中感染が広がっていることが否定できない今、都心で生活している人、全ての人に飲食を通じて、感染が起きるかもしれません。危ない行為は避けましょう。そこで東京都医師会からの提案です。7月中の飲み会・会食は控えましょう。都内は勿論、都外でも。行くのであれば、ガイドラインを遵守したお店。しかも少人数で」とコメントし、感染拡大防止の為に今こそ気を引き締めるべきだと強調しています。

ただ、このような相次ぐ反対意見でも国の方針に全く変化の気配はなく、西村康稔経済再生担当相は7月15日の国会で「やるべきではないと地方に心配する声がある。一方で進めてほしいとの声も聞いている」と述べ、7月22日にGoToキャンペーンを開始すると繰り返していました。
野党の反対表明からGoToキャンペーンの開催を巡って与野党対決にもなっている状態で、今後もGoToキャンペーンを巡る議論は激化することになりそうです。

 

「GoTo」事業、予定通り開始 指針拒否なら休業要請、衆院審議
https://news.yahoo.co.jp/articles/774ccedfcccf02cc2ebc5bc5ac46e28763236556

西村康稔経済再生担当相は15日の衆院予算委員会で、新型コロナウイルス感染症を受けた政府の観光支援事業「Go To トラベル」に関し、22日に予定通り開始すると表明した。「感染防止策の徹底を基本として開始する予定だ」と述べた。政府の新型コロナ感染症対策分科会を16日に開き、専門家の意見を聞く考えも示した。感染防止のガイドラインに従わない事業者に、新型コロナウイルス特措法に基づく休業要請を出す段階にあるとの認識も示した。

“Not go toキャンペーン” 都医師会長が「飲み会控えて」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200715/k10012517271000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

東京都医師会の尾崎治夫会長は自身のフェイスブックで「Not go toキャンペーン」と題した提案を行い、都内での新型コロナウイルスの最近の感染者の状況について「第2波かもしれない」として今月中の飲み会や会食を控えるよう呼びかけています。

 

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!