新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

国会で児玉龍彦教授が熱弁!政府のコロナ対応を猛批判!「東京型に大流行の気配」「今直ぐに大規模な検査を」


7月16日の国会で野党が推薦した参考人の児玉龍彦名誉教授が政府の新型コロナウイルス対策を猛批判しました。

参院予算委員会の閉会中審査に出席した児玉教授(東大先端科学技術研究センター)は、「今の状態でこの数字だと来週には大変なことになる。来月では目を覆いたくなるような数字が出てくることになるだろう」「東京にエピセンター(震源地)が発生しています。今、全力で食い止めないとニューヨークのような事態になります」と述べ、東京都の感染者急増に強い危機感があるとコメント。

更に続けて、「それ(震源地)を制圧するのに20万PCR検査が必要です。韓国が大規模な検査を繰り広げたのはそれです」とも発言し、大規模な検査で震源地を特定した上で、国や医療機関が連携して封じ込めなければ大変なことになると熱弁していました。

政府の対応は100年前のスペイン風邪と大差が無いとして、改めて政府に強い危機感を表明した形です。

これに対して政府の西村大臣は曖昧な答弁を繰り返すばかりで、従来の方針を維持したまま「感染防止策を強化する」と繰り返すだけでした。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!