新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

れいわ新選組が大西つねき氏を除名処分に!選別発言で意見を変えず 山本太郎氏「基本政策とは真逆の発言」


7月16日にれいわ新選組が所属メンバーの大西つねき氏を除名処分にすると発表しました。

大西氏はネット配信の中で「高齢者の命を選別するべき」などと発言し、支持者や共闘相手の共産党などから批判の声が殺到。批判の声を受けて大西氏が謝罪と撤回を表明するも、後にれいわ新選組の総会で「発言の撤回を撤回する」と山本太郎代表らに伝えたと発表されています。

当初は大西氏にレクチャーを受けてもらうことで改心してもらおうと主張していた山本太郎氏ですが、この発言を受けて除名方向に切り替えた形です。
れいわ新選組の総会では大西氏の除名処分に関する賛否が確認され、賛成が14人、反対は2人でした。

舩後靖彦(ふなごやすひこ)議員も「私が障害者になった途端『自分のほうが上だと』と思わせられる発言をする人が、数多くありました。残念ながら、大西氏からも、そうした態度を感じざるを得ません」とコメント。

記者会見で山本太郎代表は「大西氏の発言は私達の基本政策とは真逆発言です。命を選別以外にも理念などで異なる発言が見られた」と述べ、引き続き大西氏へのレクチャーだけは認めるとした上で、党として除名を決意したと語っていました。

 

大西つねき氏の発言に関する声明
https://yasuhiko-funago.jp/page-200716/

残念ながら、大西氏のいうような「命の選別」を認める価値観は社会にまん延しています。そうした社会のなかで、全身麻痺で、人工呼吸器を付けている私が、国会議員として活動するのは、命の選別をさせない政治を実現するために、ほかなりません。

会に参加して下さった当事者の方の声を聞いてなお、大西氏は、当事者の痛みや恐怖に対して、理解されないまま自説を変えようとしませんでした。非常に残念です。

私の意見は、大西氏は除籍。ただし、今後もレクチャーを受ける権利は与える。これは「何度でも人生をやりなおせる社会を構築する」という党の理念にそうものです。

党としての結論を尊重したいと思いますが、大西氏を処分するだけで、この問題が解決するわけでは決してありません。党内ではもちろん、社会に対しても、働きかけていきたいと考えております。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!