新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

医療機関の3割でボーナス削減、厚生労働省でもコロナ対応の人手不足が深刻に!医療機関から悲鳴が相次ぐ


新型コロナウイルスの影響で医療機関が危機的な状況となっています。

NHKの調査だと医療機関の3割で夏のボーナスが削減され、一般の病院でも経営悪化からボーナスの縮小が次々に行われていることが判明。
船橋第二和病院では医療従事者たちがボーナス削減に反対するためのストライキを行っているほどで、このような動きは徐々に拡大しています。

また、厚生労働省においても新型コロナウイルスの対応に追われて疲弊する職員が多く、休日返上で深夜まで働いているような状態が長引いているとのことです。厚生労働省や保健所は人員削減の影響で人手不足が深刻化しており、コロナ対応でパンク寸前となっています。

このまま新型コロナウイルスの第二波が到来した場合、日本の医療機関は崩壊するとの声もあるほどで、政府が本腰を入れて医療機関を全面支援しなければ、医療機関全体が深刻な状態になるかもしれません。
政府は医療従事者に5~20万円程度の慰労金を支給するとしていますが、それとは別に医療機関の経営そのものを大々的に支援する政策が必要になるところです。

 

医療機関の3割で夏のボーナス引き下げ 退職者増えるおそれも
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200713/k10012511731000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

看護師などのことしの夏のボーナスを去年よりも引き下げた医療機関が、およそ3割に上ることが分かりました。調査を行った労働組合は、「新型コロナウイルスに感染する危険を感じながら使命感で働いている医療従事者の退職が増えるおそれがある」と指摘しています。

厚労省若手、コロナ「疲弊限界」 休日返上、人員増訴え
https://news.yahoo.co.jp/articles/b4b8a0b54a2ed58a008d5bc92999fcaf9011b46a

厚生労働省の組織や働き方を議論する「改革実行チーム」は20日に会合を開き、新型コロナウイルスへの対応に追われ疲弊する同省の現状を若手職員が訴えた。幹部や若手を問わず休日返上で深夜まで働き「家族への負荷も限界寸前だ」と指摘し、人員増を求めた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!