新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

内閣改造後の世論調査、「評価しない」が45.2%で多数派に!内閣支持率は変わらず


*内閣改造
安倍政権が10月2日に内閣改造を行いましたが、この内容について世論は微妙な反応をしています。

共同通信社が実施した世論調査によると、今回の内閣改造を「評価する」と回答した意見は31%で、「評価しない」の45.2%よりも大幅に少ない数字になったとのことです。内閣支持率は先月と比べて0.9%減の46.5%でした。

内閣改造後は期待感で支持率が跳ね上がることが多いですが、今回は内容的にも微妙なメンバーだったこともあり、世論の反応はかなり弱いと言えるでしょう。
新閣僚の就任記者会見では教育勅語を再評価するような声もあり、このような問題発言も内閣改造に対する不信感を高めている可能性がありそうです。

 

内閣改造「評価せず」45% 支持率46%、不支持38%
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018100301001946.html

 共同通信社が2、3両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、内閣改造と自民党役員人事を「評価しない」との回答は45・2%で、「評価する」の31・0%を上回った。安倍内閣の支持率は46・5%で、前回9月の調査から0・9ポイント減となった。不支持は1・8ポイント減の38・2%だった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!