新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京や大阪で感染経路不明が50%超える!重傷者増加の気配も 都で入院待機が470人、医療機関は限界寸前か


*東京都
7月22日は1日あたりの感染者数が日本全国で最多となる795人も報告されました。

特に深刻なのは東京都と大阪府で、共に感染経路不明の割合が半分以上となっています。大阪府だと121人中の85人、東京都では238人中の138人が感染経路不明。
これは検査数の増加だけでは説明が不可能な事象で、保健所の追跡調査が機能しないほどに市中感染が悪化しているのだと思われます。

更には入院・療養等調整中が東京都で470人となり、自宅療養中も418人に増えていました。
入院・療養等調整中に認定された人の大半が本来は入院が必要な感染者で、医療機関の問題などから入院できずに待機状態となっている人です。

政府は「重傷者が少ない」「医療体制に余裕がある」などと説明していますが、このような数字を見るとそれも怪しいと言えます。

新型コロナウイルスの症状が悪化するまでに1~2週間ほどのタイムラグがあることから、そろそろ重傷者数も増加に転じる可能性が高いです。重傷者が増えてから動いては手遅れになることも考えられるわけで、このままだと来週以降の数字は凄まじいことになるかもしれません。

 

東京都の報告

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!