新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

米国務長官「WHOは買収された」 WHOのテドロス事務局長「虚偽発言だ!」


*WHO
アメリカのポンぺオ国務長官がWHO(世界保健機関)のテドロス事務局長について、「中国共産党に買収された」などと発言し、それにテドロス事務局長が反論する騒動になっています。

ポンペイオ国務長官はWHOの対応に強い不信感を表明した上で、7月23日の記者会見で「WHO事務局長が買収されたとの機密情報がある」とコメント。
この後にWHOのテドロス事務局長が記者会見を通して、「虚偽であり、受け入れられない」と反論した流れで、WHOとアメリカの対立が激化しています。

アメリカはWHOの新型コロナウイルス対応に不満があるとして、先週にWHOからの離脱を表明したばかりです。
アメリカとWHOの関係が悪化していることを示すやり取りだと言え、日本国内でもWHOを巡って様々な意見が飛び交っています。

 

米長官発言、虚偽と反論 WHO事務局長
https://this.kiji.is/659130568810366049?c=39550187727945729

【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は23日の記者会見で、自身が中国に「買収された」とのポンペオ米国務長官の発言について「虚偽であり、受け入れられない」と反論し、強い不快感を示した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!