新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三首相、再び慶応大病院に!辞意表明後では初 先日には夜の会食でコース料理を完食


*安倍首相
安倍晋三首相が再び慶応大学病院を訪問しました。
慶応大学病院を訪問するのは先月24日以来で、持病の潰瘍性大腸炎などの検査を受けていると見られています。

ただ、安倍首相は9月11日に約1ヶ月ぶりとなる会食を行い、ワインを飲みながらコース料理を完食したとも報じられていました。これは谷口智彦内閣官房参与がメディア取材で明らかにした情報で、会食中の安倍首相は体調が良かったと伝えていました。

安倍首相の持病を巡っては慶応大学病院の診断書や医師の報告などが無いとして、いわゆる仮病説が浮上。今も安倍首相の疑惑として様々な意見が飛び交っている状態で、会食などは問題なく行えていることに疑念を投げ掛ける声もありました。

潰瘍性大腸炎の症状は個人差が大きく、症状によっては一般的な食事が可能です。安倍首相の潰瘍性大腸炎が一時的に症状が落ち着いている可能性もあり、現時点で仮病説は何とも言えない状況となっています。

 

安倍首相、約1カ月ぶり夜の会食 コース完食しワインも
https://www.asahi.com/articles/ASN9C7RLTN9CUTFK07C.html?twico

安倍晋三首相は11日夜、首相公邸で、谷口智彦内閣官房参与や鈴木浩外務審議官と会食した。朝日新聞の首相動静によると、東京都内での夜の会食は、自民党の岸田文雄政調会長とホテル内の日本料理店を訪れた7月30日以来。
会食は午後6時半すぎから始まり、約2時間で終わった。谷口参与によると、首相はコース料理を完食し、ワインも口にしていたという。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!