新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

フィンセン文書に世界が騒然!第二のパナマ文書、200兆円規模のマネーロンダリングを暴露!東京五輪や大企業も


国際金融機関が秘密にしていた不正資金のマネーロンダリング(資金洗浄)を暴露した「フィンセン文書」が全世界で話題になっています。

フィンセン文書とはアメリカ財務省の金融犯罪取締ネットワーク(フィンセン)に寄せられた報告書類のことで、ドル建ての不審な取引は全てここに報告するように義務付けられているのです。
この文書が流出し、世界中のジャーナリストやメディアが文書の内容を精査。
判明しているだけでも2000件以上の電子ファイルがあり、中には大企業や東京オリンピック関連の取引履歴もあったと報じられています。

総額にして2兆ドル(200兆円)規模で、かつて無いほどのマネーロンダリングの暴露情報だとして大ニュースになっているところです。

日本のメディアが先日に報道した東京オリンピックの不正資金疑惑もフィンセン文書が情報源で、このような裏の取引や違法資金の動きがまとめて記載されています。
前にもパナマ文書が騒ぎになったことがありますが、あちらは税金逃れの租税回避行為でした。明確な違法行為とは線引きされていないため、内容の悪質さや危険度はフィンセン文書の方が遥かに上だと言えるでしょう。

例えば、現時点で分かっているだけでも、「ドイツ銀行が組織犯罪やテロ組織、違法薬物の密売人などの資金洗浄の温床になっていた」との報告書や、「アメリカのJPモルガンがFBIの指名手配犯の企業に10億ドル以上の資金を送金していた」などの情報がありました。

 

【解説】 フィンセン文書、何が分かり何が問題なのか
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-54230488

世界の大手金融機関が、総額2兆ドルもの不正資金のマネーロンダリング(資金洗浄)を野放しにしていたことが、米当局から流出した「フィンセン(FinCEN)文書」で明らかになった。

フィンセン文書ではこのほか、ロシアの富豪が制裁を逃れて西側諸国と取引をするために金融機関を利用していた実態も分かっている。
過去5年間で流出したさまざまな文書が明かした秘密取引や資金洗浄、金融犯罪について解説する。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!