新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大統領選挙でフェイクニュースが飛び交う!「ウィスコンシン州で投票率が200%」「バイデンが不正選挙組織」などはデマ!


アメリカの大統領選挙でフェイクニュースが飛び交っています。

フェイクニュースの代表例としては、「ウィスコンシン州で投票率が200%を超えた!」とか「バイデンが大規模な不正選挙組織を作った」とする情報で、いずれも大嘘であることが確認済みです。

既にウィスコンシン州の選挙管理委員会が声明を出していますが、有権者登録と投票率について「ウィスコンシン州は当日の有権者登録が可能です。いくつかの地域が非公式で報告している有権者数は正確ではありません」と説明しており、地域によって投票率の集計が正確ではないケースもあると指摘。
ウィスコンシン州全体としてシッカリと投票率の集計は行っているとして、ネットで広がっている「謎の12万票が追加された」「投票率が100%を超えた」「怪しいので州兵が集計に参加」というような情報は全て虚偽であると掲載していました。

また、保守層を中心にSNSで急速に拡散されている「バイデン候補が不正選挙組織を作った」との書き込みも悪質な発言の切り抜きで、根拠となっている元の映像では言い間違えでそのようことは言ってすらいません。
他にも「トランプ陣営の票が捨てられている!」として話題になっていた映像が中東の選挙だったりと、あまりにもレベルの低い不正選挙フェイクニュースが広がっています。

新型コロナウイルスの時も訳のわからないフェイクニュースや治療法が拡散されていましたが、それと同じ程度の低次元な情報ばかりが目立っていました。元の情報すら調べずに、安易にまとめサイトやツイッターの情報を拡散する人が多いことを示していると言え、日本においてもこのようなフェイクニュースが大量に広がっているのは深刻な問題として受け止める必要があります。

 

「ウィスコンシン州で投票率が100%を超えた」はデマ。当日に有権者登録が可能、保守系メディアも否定
https://news.yahoo.co.jp/articles/11c13a6fa21db4418173a4f59d256a05e12770be

この情報は誤っている。ウィスコンシン州選管は公式Twitterで「ウィスコンシン州は当日の有権者登録が可能です。いくつかの地域が非公式で報告している有権者数は正確ではありません」と指摘。「登録有権者よりも多くの票が投じられることはありません」とした。

保守系ニュースのFOXも「登録有権者数よりも多くの票が投じられたという人がいるが真実ではない。この州は360万人の有権者がいて、330万の投票があった。ウィスコンシンは当日の有権者登録も認めている」と説明している。

【大統領選挙】バイデン候補の「不正選挙組織設立した」発言、10日以上前にファクトチェック済みの悪質な切り取りデマでした
https://buzzap.jp/news/20201105-biden-voter-fraud-organization-fact-check/

確かに「voter fraud organization」という部分だけを見れば「不正選挙組織」となりますが、これは明確な切り取り。前後を見れば共和党側の投票への妨害工作への対抗の話であることが明白です。

バイデン候補はこれまでもたびたび小さな「言い間違い」が話題となってきましたが、これもせいぜいその域を出るものではありません。

なによりもこの発言自体が10月24日という10日以上前のものであり、USA Todayは10月25日に、Factcheck.orgも10月29日にはファクトチェックを掲載しています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!