新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

田村智子議員が政府のコロナ対応に大激怒!「何で医療機関にお金を使わないのか!」「10兆円の予備が7兆円も残っている」


*田村智子議員
共産党の田村智子参院議員の演説動画が話題になっています。
注目を集めているのは先月末に鳥取県境港市で行われた野党議員らの演説会です。

この演説会で田村議員は「10兆円として予備費、その内のまだ7兆円、手付かずなんですよ!使えるんですよ!その使えるお金をなぜ医療機関の赤字補てんに使わないんでしょうか!」と述べ、政府の新型コロナウイルス対策として6月に決定された予備費が7兆円も残っていると指摘。

余っている予備費を医療支援に使うべきだと熱弁し、「冬もボーナスが大幅減になっています。もうこれでは働いてられないという状況が現に生まれています」「感謝は良いですよ!感謝はしましょうよ。だけど、感謝だけではダメなんです!現に苦しんでいるところに国のお金を届けないでどうするんですか!」などと言葉を続けていました。

田村議員は自身のSNSでも政府の予備費の使い道に疑問を投げ掛けており、医療機関や医療従事者への支援をもっと増やすべきだと言及しています。
ツイッターでは田村議員の動画が55万回も再生され、多くの人たちから共感の声が相次いでいました。

 

なぜ医療機関にお金が渡らないのか(その1)
https://note.com/tamutomo/n/n0c89c29da6f5

前年同月(あるいは過去何年間かの平均)の診療報酬を「概算払い」として医療機関に支払うことで、安定的に人件費を支払う保障となる――理にかなった要求だ。本来、これは最低限で、新型コロナ患者の受け入れ病院などには、これに加えて人員増のための費用を上乗せすべきだろう。

しかし、政府が示す予算措置の施策は、「人」には注目していない。感染症患者を受けいれるためにベッドを確保する、施設を整備するなど、ほとんどが「設備」を主眼とするものだ。その予算に「人の配置」も換算しているというが、直接の人件費保障ではない。

これだけの非常時に、医療機関の人件費に税金を使うことを「無駄遣いだ」「給料保障を国がするのはおかしい」などと批判する声があるだろうか。私は国民の中から聞いたことがない。「慰労金」という予算が実現したのも、国民が、医師や看護師に給料を上乗せしてほしいと、強く求めたからこそではないかと思う。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!