新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍晋三前首相の桜疑惑、不起訴で調整とNHK!公設第1秘書の略式起訴だけ 安倍氏「関与してません」特捜部「責任問うのは難しい」


安倍晋三前首相が主催した「桜を見る会」の前夜祭問題について、東京地検特捜部は不起訴とする方向で意見をまとめたとNHKが報道しました。

桜を見る会の前夜祭問題では安倍氏の事務所が不足している費用を提供した疑惑があり、少なくとも3000万円の懇親会の収支を政治資金報告書に記載していなかったとのことです。
安倍氏の事務所側が提供した不足分の費用は800万円以上と推定され、「間接的な有権者の買収行為ではないか」として追及を受けていました。

しかしながら、特捜部は安倍氏の公設第1秘書を政治資金規正法違反の罪で略式起訴にしましたが、安倍氏本人に関しては「刑事責任を問うのは難しい」と判断し、罪に問わない方向で調整していると報じられています。

先日に特捜部が行った任意聴取で安倍氏は「関与していません」と述べ、事務所や関係者が行った行為だとして、自身は直接把握していなかったと弁明。特捜部もこれ以上の証拠や容疑を固める材料が無いようで、不起訴の方向に流れそうだとNHKがまとめていました。

この決定にネット上では「なんで捕まえないのか」「検察は死に体だ」「抗議の声を!」などと怒りや不満のコメントが多く、逮捕まで踏み切れなかった特捜部に不信感を示す声が相次いでいます。

 

安倍元首相は不起訴の見通し
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20201223/1000057920.html

「桜を見る会」の前日夜に開催された懇親会をめぐる問題で、東京地検特捜部は安倍前総理大臣の後援会の政治資金収支報告書におよそ3000万円の懇親会の収支を記載しなかったとして、近く、安倍氏の公設第1秘書を政治資金規正法違反の罪で略式起訴するものとみられます。
一方、安倍氏本人については不起訴にする見通しです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!