新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナの都市封鎖、給与補償に追加で最大126万円を支給へ 1店舗あたりで支給 ドケチな日本とは大違い?イギリス政府


*ジョンソン首相
イギリスのジョンソン首相は1月4日にロックダウン(都市封鎖)の実施と支援金の拡大を表明しました。

イギリス政府は新型コロナウイルスの変異種拡大から都市封鎖の範囲をイングランド全域に拡大し、学校を含めて公共施設はほぼ全面封鎖となっています。
その代わりに営業ができなくなった飲食店や小売店に対し、給与の80%を肩代わりするといった従来の支援制度に追加する形で、1店舗あたり最大126万円(日本円)を支給すると表明しました。

支援は一度だけに限定されていますが、他にも月額で最大42万円の補助などがあり、都市封鎖状態でも閉鎖する飲食店の数は少ないです。

ヨーロッパでは60%~80%程度の給与補償&支援金のセットが政府補償として多く見られ、日本と比べて桁違いの規模で支援が行われています。

緊急事態宣言の再発令が検討されている日本だと1事業者に100万円程度の協力金が浮上していますが、1店舗単位で支援を行っているイギリスと比べて雲泥の差があると言えるでしょう。

 

英 新型コロナで営業停止の飲食店などに最大126万円支給を決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210106/k10012798751000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

イギリス政府は、変異した新型コロナウイルスの感染拡大によって経済活動への厳しい制限が長引くと見込まれることを受けて、営業ができなくなった飲食店や小売店に対し、給与の肩代わりといった従来の措置に加えて、日本円で最大126万円を支給することを決めました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!