新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

菅義偉首相「最終的に生活保護があるから、定額給付金の予定はない」


菅義偉首相が国会で定額給付金の再支給を改めて否定しました。

1月27日の参議院予算委員会で野党から経済政策を追及された菅首相は「定額給付金の給付予定はない」「最終的に生活保護があり、セーフティーネットを作っていくのが大事」などと答弁し、給付金のかわりに生活保護を使うべきだと反論。
定額給付金を支給する状況にはないとして、新たな支援策は考えていないと繰り返していました。

野党からは国民一律の給付金や貧困層に絞った支援金を支給するように求める意見が飛び交いましたが、最後まで菅首相が給付金の再支給を認めることは無いまま午前の質疑は終了となります。

菅首相の認識だと、給付金=生活保護となっているようで、この驚きの答弁内容はツイッターでもトレンドに入り、その内容を巡って物議を醸していました。

 

定額給付金の予定ない、最終的には生活保護ある=菅首相
https://jp.reuters.com/article/suga-covid-idJPKBN29W07Q

[東京 27日 ロイター] – 菅義偉首相は27日午前の参院予算委員会で、定額給付金の給付について「予定はない」と改めて述べた。政府のセーフティーネットとして「最終的に生活保護がある」とも語った。石橋通宏委員(立憲民主・社民)に対する答弁。

石橋委員は「収入を失い路頭に迷う人々、命を失った多数の人々に政府の政策は届いているのか」と質問。菅首相は「雇用を守り、暮らしをしっかり支えていく。できる限り対応したい」と答えつつ、政府の政策が届いているか、との質問には「いろいろな見方がある。政府には最終的に生活保護があり、セーフティーネットを作っていくのが大事」と指摘した。竹本能文

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!