新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

足利市の山火事、鎮火の見通しが立たず 自衛隊が消火活動!5日連続の火災に避難範囲拡大 栃木県が災害救助法を適用へ


2月21日に発生した栃木県足利市の山火事は5日目に突入しました。

今も激しい山火事が各地で続いており、消防は依然として鎮火の見通しが立っていないと伝えています。
自衛隊は多数のヘリコプターを動員して空からの鎮火作業を行っていますが、乾燥した強風が続いている影響で延焼の勢いが強く、消火作業が追い付いてないのが現状です。

火災の勢いが止まらないことから2月25日に栃木県は足利市を対象とした災害救助法を適用すると表明しました。
被害は約100ヘクタールに達し、200世帯を超える住民に避難勧告が発令されています。

北関東自動車道の上下線も通行止めとなっているほどで、今年最悪の山火事として消防と自衛隊が全力で消火作業を行なっている最中です。

 

栃木 足利の山火事 発生から5日 自衛隊が消火活動再開
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210226/k10012886211000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

栃木県足利市の山火事は26日で発生から5日となります。空気が乾燥していて依然として鎮火の見通しは立っていないということで、現場では先ほどから自衛隊がヘリコプターによる消火活動を再開しました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!