新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスのワクチン接種後に60代女性が死亡 死因はくも膜下出血 ワクチンとの因果関係は不明


*厚生労働省
新型コロナウイルスのワクチンを接種した60代の女性が死亡したことが発表されました。

厚生労働省によると、この助成は先月26日に新型コロナウイルスのワクチンを接種し、それから3日後にくも膜下出血で脂肪が確認されたとのことです。
この女性は基礎疾患やアレルギー歴は無く、ワクチンとの因果関係も不明となっています。

ワクチン接種から数日で死亡したことにネット上ではワクチンの副反応を疑う声も見られ、ワクチンの安全性に疑問を投げ掛ける声が相次いでいました。

ただ、諸外国の副反応を見ても、くも膜下出血はあまり聞かないことから、ただの偶然である可能性もゼロではないと思われます。
一方で、国や医療機関は副反応を否定せずに、副反応も視野に入れてこの件の調査をするべきだと言えるでしょう。

 

新型コロナワクチンの接種後の死亡事例の報告について(1例目)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17104.html

ワクチン接種の女性死亡 くも膜下出血か 因果関係は評価できずhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20210302/k10012894331000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

厚生労働省は、4日前に新型コロナウイルスのワクチンを接種した60代の女性が1日、死亡したと明らかにしました。国内で接種を受けた人の死亡が確認されたのは初めてです。死因はくも膜下出血と推定され、女性が接種を受けた医療機関は「接種との因果関係は現時点で評価できない」と報告しているということです。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!