新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

まん延防止等重点措置を初適用、大阪府と兵庫県で5月5日までの1ヶ月間!宮城県も追加検討 緊急事態宣言と同じレベルの対応


*官邸
政府が大阪府と兵庫県に「まん延防止等重点措置」を初めて適用する方針を固めました。
これはNHKやFNNなどのメディアが確定情報として報道したもので、4月5日から5月5日までの1ヶ月間を対象にして、緊急事態宣言に匹敵する厳しい措置を対象エリアで実施するとしています。

官邸の記者会見で菅義偉首相は「政府としては、自治体としっかり連携しながら、この対策に取り組んでいきたいと思います」「自治体としっかり連携しながら、この対策に取り組んでいきたいと思います」とコメントし、自治体と連携しながらウイルス対策の強化を行うと表明。

さらに過去最多の感染者数を記録した宮城県もまん延防止等重点措置の対象に入れる方向で調整しているとして、大阪府と兵庫県以外の地域にも拡大すると伝えています。

一方で、感染者の増加が目立っている山形県と沖縄県は保留扱いで、感染状況を注視しながら対応を検討するとしていました。
国会だと野党からは「緊急事態宣言の解除から2週間でこれは政府の失態だ」とする声が相次ぎ、緊急事態宣言の早期解除を含めて、菅政権のコロナ対応を批判する声が高まっているところです。

 

大阪府によるまん延防止等重点措置の適用の要請等についての会見
https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2021/0331kaiken.html

(大阪府によるまん延防止等重点措置の適用の要請について)
大阪を中心に感染拡大しておりましたので、政府としては警戒をもって対応してきました。そういう中で、本日夕方、大阪府から要請がありまして、5大臣が集まりまして、まん延防止対策について、明日会議を開いて、そこに掛けることを決定しました。ただ、正式な場所とか期間というものはまだ決まっていません。そして、政府としては、自治体としっかり連携しながら、この対策に取り組んでいきたいと思います。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!