新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【非常事態】宮城県で病床使用率が100%超える!大阪府も70%台に急上昇!コロナ感染者の急増で 専門家「緊急事態宣言レベル」


宮城県の病床使用率が100%を超えていることが分かりました。
これは全国各地の病床使用率をまとめている統計サイト「新型コロナウイルス対策ダッシュボード」が発表した情報です。

3月31日の時点で宮城県の推定病床使用率は161%になり、入院治療を必要とする感染者数も1000人を突破。
その勢いは止まる気配が無く、新規感染者数も3月31日は過去最多となる200人が報告されています。

他にも大阪府の病床使用率が71.8%に上昇し、山形県で80.8%など全体的に使用率が跳ね上がっていました。

先週頃から明確な形で新型コロナウイルスの第4波とリバウンドが出てきましたが、そこからあっという間に病院が埋まってしまったと言えるでしょう。
しかも、この傾向は全国的に見られ、このままだと第3波と同じように、全国各地で深刻な医師不足と病床不足が問題視されることになりそうです。

 

COVID-19 Japan 新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/


新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数
https://newsdigest.jp/pages/coronavirus/

専門家“大阪は緊急事態宣言レベル”意見も
https://news.yahoo.co.jp/articles/59221f49ba41158e8090713265035123aa81cf30

新型コロナウイルスの感染が拡大している大阪府の感染状況などについて、31日午後5時から厚生労働省の専門家の会議が開かれ、分析を行っています。
厚労省のアドバイザリーボードは、大阪府などを中心とした感染状況の分析を行っていて、委員からは、「大阪府の今日の感染者の数からすると、まん延防止等重点措置ではなく、緊急事態宣言を要請するレベル。急激な拡大には、変異株が大きく関わっているのではないか」との意見も出ています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!