新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

文科省の教師のバトンプロジェクトが大炎上!SNS宣伝で現場から悲痛な声!「休む時間が無い」「残業代無しで100時間以上」#教師のバトン


文部科学省が行ったSNS用の宣伝プロジェクト「#教師のバトン​」が大炎上しています。

このプロジェクトは教師の魅力を伝えるとして文科省が始めたSNS宣伝で、ハッシュタグの「教師のバトン」を付けて、現役の教師らにやりがいなどをツイッターに投稿するように呼び掛けました。
しかしながら、教師の魅力を伝えようとした文科省の狙いとは真逆に、現役の教師からは「今日も家族と過ごせない日々」「残業代無しで100時間以上も残業」「プライベートな時間を削ってテスト準備」などと悲痛な声が殺到。
労働環境や待遇の改善を求める声が大多数となり、遂に文科省の総合教育政策局・義本博司局長が教師の働き方改革に努めていくと言及することになりました。

現役の教師からは部活動のような授業とは関係のない部分で長時間労働や負担が大きいとする声が多く、授業以外の不必要な活動の削減を求める意見が目立っています。

今まで教師の負担が増える一方で、負担軽減や働き方改革は放置状態が続いていたこともあって、文科省の呼び掛けをキッカケにして教師らの不満が爆発した形です。

 

“教師のバトン” 想定超える悲痛な声
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210408/k10012963621000.html

文部科学省が教員を目指す若者たちに仕事の魅力を伝えるため、教員たちにSNSでの発信を呼びかけた「#教師のバトン」プロジェクトをめぐって、当初の想定を超えて過酷な勤務環境を訴える声が相次ぐ中、担当者が8日、改めて取り組みの趣旨を説明しました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!