新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都医師会の尾崎会長「東京五輪の中止という選択肢も」「やるとしても無観客で、パブリックビューイングとかは禁止」


*記者会見
東京都医師会の尾崎治夫会長が東京オリンピック・パラリンピックの中止を主張しました。

6月8日の記者会見で尾崎会長は、「感染を抑えた状況でないと、7月8月にリバウンドが来るということが予測されているので、なかなか難しいのではないかと思っている。その思いは変わらないし、そういった状況であればやるとすれば無観客しかないであろうということと、場合によっては感染状況によるが、中止と言う選択肢もあり得るのかなと思っている」と述べ、東京都の新規感染者数を1日100人以下まで抑え込まなければ、東京オリンピックの開催は厳しいと指摘。

東京都の感染抑え込みに失敗した場合、東京オリンピックの開催中止も視野に入るとして、政府に方針の見直しを求めていました。

また、仮に東京オリンピックを開催するとしても無観客試合やパブリックビューイングなどの人が集まるような行事は中止するべきだと発言し、大幅に規模を縮小するように提案しています。
東京都医師会のトップから五輪中止の単語が出てきたのは非常に大きいと言え、水面下で着実に五輪中止の動きが強まっている証拠だと見ることもできそうです。

 

五輪・パラ「中止という選択肢も」 東京都医師会長「開催なら無観客」
https://news.yahoo.co.jp/articles/52df9a79ea052456c1575b8c6bd8f507c8be23a8?tokyo2020 

東京都医師会の尾崎治夫会長は8日、記者会見し、東京五輪・パラリンピックの開催について「ステージ2、(都内の1日の新規)感染者が100人くらいに収まっていないとやはり国民、都民の色んな思い、感情からしてオリンピックが本当にできる状態なのかなと、みなさん考えられるのではないかと思う」と述べた

 

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!