新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

1月にワクチン2回接種、予防効果が16%に激減とイスラエル保健省 半年程度で効果消える?2月接種でも44%


イスラエル記事
イスラエル保健省が新型コロナウイルスのワクチン接種について、2021年1月の時点で2回の接種を行った人たちの感染予防効果が激減していると伝えました。

今月に発表されたイスラエル保健省の最新調査によると、2021年1月のワクチン接種ではワクチンの感染予防効果が16%まで低下し、2月の接種者も44%まで減っていたとのことです。
3月の接種者からは67%と比較的に高い数字でしたが、ワクチン接種から5ヶ月以上が経過すると新型コロナウイルスの感染予防効果は大きく減っていると報告。

ワクチンの感染予防効果(イスラエル保健省、今月発表)
1月に2回接種者 16%
2月に2回接種者 44%
3月に2回接種者 67%
4月に2回接種者 75%

ただ、同時に重症化を防ぐ効果は91%以上あるとして、1月に接種した人でも重症化防止効果は86%を維持していました。
イスラエル保健省は「ワクチン接種をしても新型コロナウイルスに感染しないわけではない」とコメントしており、ワクチン接種を終えた人にもウイルス対策は継続するように要請しています。

 

Health Ministry says COVID vaccine is only 40% effective at halting transmission
https://www.timesofisrael.com/liveblog_entry/health-ministry-says-covid-vaccine-is-only-40-effective-at-halting-transmission/

日本語翻訳:
保健省が発表した新しい数値によると、COVIDワクチンは、コロナウイルスの感染を防ぐ効果は39%しかないが、重症化を防ぐ効果は91%以上あるという。

この数字は、6月20日から7月17日までの症例(デルタバリアントがイスラエル全土で開催された期間)を基にしたもので、完全にワクチンを接種した人は、症状のあるCOVIDを回避できる確率は40.5%に過ぎないが、病気による入院を回避できる確率は88%であることを示している。

また、1月に予防接種を受けた人の感染回避効果は16%にとどまったのに対し、2月に予防接種を受けた人は44%、3月に予防接種を受けた人は67%、4月に予防接種を受けた人は75%という結果が出ています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!