新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【物議】竹中平蔵氏「私が弱者切り捨てというのは誤解」 「今は正規が非正規を搾取している」


*竹中平蔵ちゃんねる
かつての郵政民営化担当大臣で、今は慶應義塾大学名誉教授として政府の政策に関与している竹中平蔵氏の発言が物議を醸しています。

問題となっているのは東洋経済オンラインに掲載されたインタビュー記事の内容です。
記事の中で竹中氏は自身が弱者切り捨て論者というのは誤解だと弁明した上で、「今の構造はある意味単純で、正規社員が非正規社員を搾取している。生産性に合わせて賃金が支払われなくてはならないのに、自分の生産性より高い賃金をもらっている正規と、自分の生産性より低い賃金しかもらえない非正規の二重構造になっている」とコメント。

今の社会構造は正社員が非正規社員から搾取しているとして、この不平等や賃金格差を是正する必要性があると語っていました。

また、労働時間ではなく、成果に賃金を支払う仕組みや金銭で解雇が可能となる金銭解雇のルールを作るべきだとも話しており、日本の労働環境は改革するべきだとしています。

この記事はネット上で大きな反響を呼び、野党系の政治家からも「竹中会長は正規と非正規の対立と分断をあおってます」「日本が衰退する元凶の一人」「非難されて然るべき」「労働者同士を対立させ、弱肉強食の社会にしてきたのが誰であるか、多くの人は誤解していない」などと批判や反発の声が噴出。
過去の政策提言で派遣などを推進して日本経済を弱体化させた張本人の1人だとして、逆に竹中氏への怒りのコメントが飛び交っていました。

 

竹中平蔵「私が弱者切り捨て論者というのは誤解」ベーシックインカムは究極のセーフティーネット
https://toyokeizai.net/articles/-/470801?page=3

ただし、多様な働き方をするうえで不平等があってはならない。残念ながら現在は、正規・非正規の間の「同一労働同一賃金」がまったく実現されていない。ここが大きな問題です。

今の構造はある意味単純で、正規社員が非正規社員を搾取している。生産性に合わせて賃金が支払われなくてはならないのに、自分の生産性より高い賃金をもらっている正規と、自分の生産性より低い賃金しかもらえない非正規の二重構造になっている。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!