新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【悲報】アベノマスク、災害用備蓄も検討へ 在庫8000万枚が保管状態のまま 保管費に数億円 厚生労働省


*官邸
2020年4月に安倍晋三元首相が全世帯を対象にして配布したマスクが未だに余っており、それを災害用備蓄マスクとして活用する案が浮上していることが分かりました。

朝日新聞の記事によると、いわゆるアベノマスクは約8000万枚も保管されたままで、後藤茂之厚生労働相は7日の記者会見で「災害対策用に備蓄して利用できる道があるのではないか」とコメントし、マスクの使い道を検討している最中だと発言。
現時点でマスクの保管に約6億円の費用がかかっているとして、2021年度も3億円の保管費が必要になると見られています。

ただ、アベノマスクは布製で密閉度が低く、災害時に使うマスクとしては性能が低いです。災害用マスクとして使うことを考えても微妙であり、虫の混入騒動もあったわけで、アベノマスクは国の責任で全て廃棄処分するのが無難だと思われます。

 

「災害用備蓄も検討」アベノマスク含む在庫8千万枚の使い道 厚労相
https://www.asahi.com/articles/ASPD74HC9PD7UTFL00D.html

新型コロナウイルス対策として政府が調達した布マスクが有効活用されないまま、大量保管されている問題で、後藤茂之厚生労働相は7日の記者会見で「災害対策用に備蓄して利用できる道があるのではないか」と述べ、引き続き保管しながら活用方法を探る方針を明らかにした。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!