新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【注意】東京都で初雪を観測、数年に一度の猛烈な寒気で気温急低下!JPCZの影響で西日本の広範囲が大雪か


数年に一度レベルの猛烈な寒気が日本列島に到来します。

気象庁の最新予報だと、この猛烈な寒気は日本海側を中心にして西日本や東日本に流れ込み見通しで、26日から28日にかけて本州の広範囲が記録的な寒さになるとのことです。
また、風の収束帯であるJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)が若狭湾から山陰地方にかけて強い雪雲を流れ込ませる可能性が高く、これによって予報以上に広範囲で大雪や吹雪になる恐れもあります。

発達した雪雲は衛星写真からもクッキリと見えるほどで、気象庁は短時間で劇的に積雪量が増えることも考えられるとして、積雪の予想予想エリアで大雪への備えを強化するように注意情報を出していました。

東京都でも12月26日に昨シーズンよりも17日ほど早い時期に積雪を観測しているほどで、日本列島の全域が極寒となりそうです。

 

気象庁 大雪に関する注意情報
https://www.jma.go.jp/jma/press/2112/24b/kaisetsu20211224-1.pdf

関西 あす27日にかけてJPCZが流入 雪と風の影響で新たな交通障害発生の恐れも
https://tenki.jp/forecaster/kimura/2021/12/26/15341.html

関西では、あす27日(月)にかけて広い範囲で雪が降り、大雪となる所があるでしょう。日本海に発生するJPCZ(風の収束帯)が流入するため、北部や山沿いだけでなく、普段雪が積もらない中部と南部の平野部でも積雪となる所がある見込みです。西風が強く吹き、雪と風で見通しが悪くなる恐れもあります。

東京都心で「初雪」を観測 昨シーズンより17日早い
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211226/k10013404591000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

東京管区気象台は、26日午前0時10分ごろ、「東京の都心で初雪を観測した」と発表しました。
東京の都心の初雪は、平年より8日、昨シーズンより17日いずれも早いということです。
(平年:1月3日 昨シーズン:2021年1月12日)

数年に一度の強い寒気 日本海側で雪や風強まる 最新情報確認を
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211225/k10013404281000.html

数年に一度クラスの強い寒気が流れ込んでいる影響で、日本海側では次第に雪や風が強まっています。26日は平地でも短い時間のうちに大雪になるおそれがあり、気象庁などは大雪が予想される地域では不要不急の外出を控えるよう呼びかけています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!