新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロナワクチンの副反応、29人を初の救済認定に!アナフィラキシーや急性アレルギーで医療手当 厚生労働省


*官邸
厚生労働省がようやく新型コロナウイルス用のワクチン副反応で、法律に基づく救済認定を行いました。

厚生労働省は今まで因果関係不明として副反応の評価を避けていましたが、8月19日に厚生労働省の審査会で救済の認定を求めている41人の審議を行い、その内の29人を「接種との因果関係が否定できない」として救済の対象とすることを決定。

NHKの記事によると、認定されたのはアナフィラキシーやアナフィラキシーに似た症状が23人で、急性アレルギー反応が6人、合わせて29人が救済措置の対象として医療費や医療手当が支給されるとのことです。

一方で、死亡案件のような重い症状は判断が保留中で、厚生労働省としても明確な結論が出ていません。国は副反応などで大きな健康被害を受けた方に支援をするとしていますが、その判断基準を巡って賛否両論があり、認定の遅さを含めて疑問を投げかける声は多いです。

 

“ワクチン接種で副反応” 29人を初めて救済認定 医療費支給へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210820/k10013212911000.html

新型コロナのワクチン接種によってアナフィラキシーなどの重篤な副反応が起きた可能性が否定できないとして、厚生労働省は20代以上の男女29人に、初めて法律に基づき医療費などを支給することを決めました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!