新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

岸田文雄首相、過労でダウン寸前との報道!ウクライナ対応で睡眠不足?「何もしてないのに」


*官邸
岸田文雄首相がコロナやウクライナ対応で過労状態になり、ダウン寸前の厳しい状態になっているとの話が報じられています。

週刊現代の記事によると、ウクライナ侵攻で海外とのやり取りが多くなり、岸田首相の睡眠時間が削られた結果、これまでのコロナ対応なども合わさって、総理の体調が悪くなっている可能性が高いとのことです。
関係者からも岸田首相の体調を心配する声があるとして、医師からは「過労」との診断も出たと伝えられていました。

いわゆる「聞く力」をアピールしていた岸田首相は対話を優先し、出来るだけ多くの人とのやり取りに時間を割いているとしていますが、その割には目立った成果がなく、この点も岸田首相を悩ませていると言われています。
夏には参議院選挙があるわけで、この参議院選挙の結果によっては、岸田首相が辞任宣言を出すこともありそうです。
岸田首相が辞めた後は安部派の高市早苗氏らがまた出てくるとも考えられ、再び秋に総裁選となるかもしれません。

 

「聞く」ばかりの岸田総理、ここにきて「何もしていない」のに過労でダウン寸前
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/94129

「国会会期中にコロナ禍とウクライナ侵攻が重なり、『総理に覇気が感じられない』との声が官邸から聞こえて、体調不良が心配されていました」(全国紙政治部記者)
ウクライナ侵攻に関しては海外とのやり取りが多くなり、その分、岸田文雄首相の睡眠時間が削られていたのだという。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!