新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ワクチン接種4回目、5月25日から開始へ!60歳以上で基礎疾患持ちを優先 国民からは懸念 「短期間で接種多い」


*厚生労働省
厚生労働省は5月25日から新型コロナウイルス用のワクチン接種の4回目を開始すると表明しました。

NHKと共同通信社の記事によると、3回目のワクチン接種から5ヶ月たった人を対象にしてファイザーとモデルナのワクチンを使った4回目の接種を行うとしており、すでに必要な政令改正の閣議決定も終わったとのことです。
全国の自治体と協力してまずは60歳以上か、基礎疾患を持っている18歳以上、もしくは医師が重症化リスクが高いと判断した人を対象にして実施され、今月下旬から徐々に拡大するとしています。

ただ、4回目のワクチン接種は副反応や人体への影響を懸念する声が多く、3回目のワクチン接種からのスパンが短いことにも懸念の声が多いです。

アメリカだと4回目以降のワクチン接種は危険とする意見もあるほどで、ネット上でも4回目のワクチン接種は賛否両論が飛び交っていました。

 

ワクチン4回目接種 60歳以上対象 今月25日から開始方針 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220520/k10013634721000.html

新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種について、政府は60歳以上の人などを対象に5月25日から接種を始める方針を決めました。

厚生労働省は、3回目の接種から5か月たった人にファイザーとモデルナのワクチンを使って4回目の接種を行う方針で、対象は当面、
▼60歳以上の人のほか、
▼18歳以上の基礎疾患のある人か医師が重症化リスクが高いと判断した人としています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!