新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【地震警戒】石川・能登地方で謎の地殻変動、震度6弱に続いて震度5強!100回以上の群発地震を観測


石川県の能登地方で大きな地震が頻発しています。
6月19日に震度6弱の強い地震が発生した後も活発な地震活動が続き、6月20日午前にも震度5強・マグニチュード5.0の強い地震を観測。
この24時間に観測された震度1以上の地震は10回を突破しており、1年半にすると160回以上の群発地震となっています。

専門家の間でも今回の地震に関しては様々な見解がある状態で、能登地方の地下にある「流体」が一連の群発地震を引き起こしたとする説もあるほどです。
震源周囲には大きな火山や主だった断層が無いことから、気象庁は「詳細なことはわかっていない」と首を傾げ、京都大学の西村准教授も「能登半島で前例にないような謎の地殻変動が起きている」とのコメントを出して警鐘を鳴らしています。

いずれにせよ、今後もしばらくは能登地方の地殻変動は続く恐れがあり、震源周囲の地域にお住まいの方は当面は地震に注意が必要です。

 

高感度地震観測網 石川県
https://www.hinet.bosai.go.jp/hypomap/?ft=1&LANG=ja

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

強い揺れ「群発地震の活動」 地下の流体影響か―平松金沢大教授
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022062000783&g=soc

 石川県能登地方を震源とする強い地震が続いていることについて、金沢大の平松良浩教授(地震学)は20日、「地震が起きた地域や規模からみて、一連の群発地震の活動とみられる」と指摘した。地震活動はしばらく続くとみられ、「マグニチュード(M)5クラスの地震は今後も起こり得る」と注意を呼び掛けた。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!