新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ロシア国債がデフォルト(支払不履行)に!利息支払いを確認できず 1918年以来のデフォルト

*クレムリンwiki
ロシアの外貨建て国債がデフォルト(支払不履行)状態になったと認定されました。
これは複数の大手海外メディアが報道した情報で、6月26日に期限となるロシアのユーロ建て国債1億ドル(135億円)の利払い猶予期間が終了し、事実上のデフォルトになったと報じられています。

ロシア国債のデフォルト認定は1918年以来で、およそ100年ぶりの出来事です。
ロシア側は西側諸国の金融制裁によって支払い能力があるのに支払いを認められなかったとして、独自通貨ルーブルで利払いを行ったと主張。

実際にロシア当局が利息を国際決済機関に送金したのは事実で、決済のための手続きが進まなかったことで投資家の手元に届かず、デフォルトと認定された流れとなっています。

ロシア国債の約400億ドル(約5兆4000億円)がドルやユーロなど外貨建てで、ウクライナ侵攻が始まった初期からロシア国債のデフォルトは秒読みだと言われていました。

それだけに今回のデフォルト認定はあまり市場への大きな影響は見られず、すでに西側諸国の金融制裁で資金調達が困難となっているロシアが直ちに受ける影響は少ないと予想されています。

 

ロシア国債「デフォルト」に 利息支払いが国外保有者に届かず
https://www.bbc.com/japanese/61947229

ロシアは外貨建て国債の利払い猶予期間が26日に終わり、デフォルト(債務不履行)状態に陥った。ロシアの外貨建て対外債務不履行は、ロシア革命の最中の1918年以来。
5月27日に期日を迎えたドル建て債とユーロ建て債の利息計約1億ドル(約135億円)が、30日間の支払い猶予期間に入っていた。ロシア側は資金的な支払い能力も支払う意思もあるとして、ベルギーにある国際決済機関「ユーロクリア」へ送金したと主張している。

 


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!