新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

水増しされた病床使用率、既に都内は満床状態で救急車も搬送先見つからず 自宅療養中に容態急変で死亡と報道


*新型コロナウイルス入院状況
新型コロナウイルスの新規感染者数が急増している影響で、救急車の搬送先が見つからず、重い病気でも死亡してしまうケースが発生しています。

テレビ朝日の報道だと、1週間前と比べて3倍以上もの往診依頼が殺到し、末期の大腸がんを患う83歳の男性でも100件ほどの医療機関に連絡を取るも搬送先の病院が無く、その後に夜通しで賢明な医療措置を自宅で続けましたが、亡くなってしまったとのことです。
既に救急車を呼んでも医療機関側で受け入れる余裕がまったくないのが実情で、救急車の到着まで1時間待ち、救急車が来ても搬送先が見つからないケースが続出。

合わせて自宅療養者数も激増しており、7月30日の時点で過去最多の21万8000人が東京都の自宅療養者となっています。
第6波のピークと比べて2倍以上の水準で、東京都が行っている自宅療養者への物資支援サービスはパンク寸前だと報じられていました。

東京都の発表では8月1日の時点で病床使用率は50%台と余裕があるように見えますが、これは水増しされた数字で、現場の医師や人手を考えると実質満床状態とも言われているほどです。
少なくとも救急車が追いつかないほどの異常事態が起きているのは間違いなく、今は怪我や病気になると、しばらく入院も出来ずに危険な状態になるかもしれないと考えておいたほうが良いかもしれません。

↓入院患者数の状況

 

自宅療養者急増 都内の自治体には食料支援の申し込み相次ぐ
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220801/1000083020.html

自宅療養“病状急変” 救急隊“100件電話”も搬送先なし…“感染から半日”男性死亡
https://news.yahoo.co.jp/articles/240cfa6302b9cb52ae8132d90510fc615b6448ff

新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/#Tokyo

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!