新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

細田博之議長の選対本部長、旧統一教会の有力団体で議長だった!親族が関与と週刊文春


*細田氏YouTube
自民党・細田博之衆院議長(78)の選挙対策責任者だった細田重雄島根県議(83)が旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の関連団体で議長をしていることが判明しました。

週刊文春の記事によると、細田県議は細田博之氏の親族であり、UPF(天宙平和連合)が平和大使に任命した「島根県平和大使協議会」で議長を務めていたとのことです。
細田博之氏が旧統一教会を礼賛した国際会議を主催したのがUPFで、そこが設立した団体として平和大使協議会があると報じられています。

つまり、統一教会の有力団体にて日本の県議会議員が議長を担当していたと言え、他にも細田重雄氏は公の場で統一教会の文鮮明氏を大絶賛する発言を行っていました。
実際に週刊文春は本人へのインタビューも行っており、そこで「(教団と関係は)あるかもしれんけど、宗教的な色は全くなし」「当たり前の話でしょ、小選挙区だから」などとコメント。
選挙で手伝いを頼んだりすることもあるとして、教団との交流は否定することがありませんでした。

今の安倍派でトップだった細田博之氏、自民党の中でも重鎮として相当な実力者であるだけに、旧統一教会と親族単位で深く関わっていたのは衝撃的であり、それだけ統一教会が様々な面に深く入り込んでいた証拠だと見ることが出来そうです。

 

細田博之議長の選対本部長は「統一教会」有力団体の議長だった
https://bunshun.jp/articles/-/56347

細田博之衆院議長(78)の親族で、長年、細田氏の衆院選で選挙対策責任者を務めてきた細田重雄島根県議(83)が、「統一教会」(現「世界平和統一家庭連合」)が深く関係する有力団体の議長だったことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!