新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

機関紙「神社新報社」で脱税行為!神社本庁などが株主、残金を憲法改正等の研究費に!

*神社新報
神社界の機関紙「神社新報社」で脱税行為が発覚しました。

NHKによると、神社新報社は創刊70周年を記念して集めた協賛金を税務申告せず、税務署から4000万円余りの所得隠しを指摘され、重加算税を含むおよそ1500万円の追徴課税が決まったとのことです。
神社新報社は集めた資金の残金を記念事業や憲法改正、皇室制度に関する研究費用として貯めていたと報じられています。

ネット上では神社の機関紙が憲法改正や皇室制度の研究をしていたことに驚きの声が多く、改めて神社本庁と憲法改正の繋がりを指摘する声が高まっているところです。

 

「神社界の機関紙」新聞社 4000万円余の所得隠し
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180317/k10011368621000.html


神社界の機関紙を発行している東京の新聞社「神社新報社」が創刊70周年を記念して全国の神社などから集めた協賛金を税務申告せず、税務署から4000万円余りの所得隠しを指摘されたことがわかりました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!