新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

文科省の前川調査、自民議員の照会は複数回!A参議院議員が浮上 名前非公開に批判も


文部科学省が前川喜平・前事務次官の授業内容を調査していた問題で、自民党議員からの照会要求は複数回あったことが分かりました。

報道記事によると、この自民党議員からは文部科学省が小学校側に調査要求をする直前から複数の照会要求があり、具体的に前川氏の授業を指定していたとのことです。
文部科学省は自民党議員の名前は公開していませんが、ネット上だとイニシャルAの参議院議員だと指摘されています。

イニシャルAの参議院議員は参愛知治郎・青木一彦・青山繁晴・赤池誠章・朝日健太郎・足立敏之・阿達雅志・ありむら治子となっていることから、この中に照会を要求した議員が居ることになりそうです。

自民党議員の照会後に文科省が動いたということもあって、文科省が政治家の要求を忖度した結果だと野党からは指摘を受けています。

一方で、自民党議員の名前非公開に不満や怒りの声も多く、国民からは「国会議員何だから公開するべき」「国民の知る権利だ」などと批判的な意見が相次いでいました。

 

自民議員が複数回照会 前川氏授業 文科省質問メール前
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO28289070Y8A310C1CR8000/

 文部科学省の前川喜平前事務次官が名古屋市立中の授業で講演した内容を、同省が名古屋市教育委員会に報告するよう求めていた問題で、この報告要請の前に、地元の自民党衆院議員が文科省に、前川氏が授業に招かれた経緯などを複数回問い合わせていたことが18日、政府関係者への取材で分かった。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!