新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

週刊新潮のセクハラ音源、3ヶ所の合成痕跡⇒ネトウヨ「捏造の証拠だ!」「やっぱり罠だ」


週刊新潮が報道した財務省・福田淳一事務次官のセクハラ音声について、ネット上では「捏造」との声が浮上しています。捏造と言われている原因は、テレビ番組「ビビッド」が日本音響研究所に依頼して行った声紋鑑定の結果です。

日本音響研究所は福田事務次官の音声である可能性が非常に高いと指摘した上で、音声に不自然な編集が見られると指摘。少なくとも、3ヶ所の場所で録音した音声を編集している恐れがあるとコメントしていました。

この番組を見た安倍政権の支持者らが「捏造の証拠だ!」「やっぱりハニートラップ(罠)だった!」などと一斉にコメントをして、SNSを中心に色々と意見が飛び交う事態になっています。

番組側はあくまでも3ヶ所の場所で録音した可能性があると指摘しているだけのに、ネトウヨ達はこれを捏造の根拠として勝手に大はしゃぎしているのです。
捏造と編集では全く意味が異なっていますし、場所が違くても福田事務次官が言った言葉である以上は大問題だと言えるでしょう。

本人である以上は嘘でもなんでも無く、3ヶ所の編集が事実だとしても音声その物が捏造の根拠にはならないところです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!