新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

列島各地で地震&噴火が頻発、次の大地震は南海トラフか 貞観地震の時代と類似も!巨大地震に備えよ


今年に入ってから日本列島の各地で地震や噴火が連発しています。
1月23日に群馬県の草津白根山で噴火が発生し、訓練中だった自衛隊員を含めて多くの犠牲者が発生。3月1日にも鹿児島県の霧島連山・新燃岳で噴火を観測しており、今も新燃岳の火山活動は止まる気配がないです。

4月に入ると今度は霧島連山・硫黄山でも噴火が発生。九州方面を中心に日本中の活火山で火山性地震を捉えています。

また、地震活動も4月9日1時32分頃に島根県西部でM6.1・最大震度5強、4月14日4時0分頃に根室半島南東沖でM5.4・最大震度5弱、トカラ列島の群発地震などを観測しているのです。
地震の発生パターンや順番がかつての大震災前とソックリになってきています。

噴火と地震活動には密接な連動性が見られ、東日本大震災も本震の2ヶ月ほど前に霧島連山・新燃岳で大噴火が発生。その後の地震発生状況も東日本大震災直前の日本列島と類似している部分が多く、これから数ヶ月程度の範囲で大きな地震が控えている可能性があると推測することが出来ます。

 

更には歴史を振り返ってみても、約1100年前の貞観地震や約300年前の延宝三陸地震との類似性が見られるところです。過去の巨大地震はほぼ例外がなく、東北地方や関東地方、東海地方、近畿地方、九州地方という感じで数年から数十年の間に連続で集中発生しています。

東北で津波を伴う巨大地震が起きてから関東地方や西日本で地震が発生するという流れで、数百年おきに巨大地震が連発する時期というのが日本には存在しているのです。
明確な時期までは分からないですが、次の巨大地震が着実に迫ってきていることは間違いないと言えるでしょう。

東日本大震災から7年が経過しましたが、あの地震は序章に過ぎないと考えて、今の内に地震対策を日本全国で強化する必要性があります。

 

地震情報
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/

天気JP地震履歴
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/entries?max_level=level_5_minus


貞観(じょうがん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%9E%E8%A6%B3_

貞観6年(864年)、富士山が噴火する。いわゆる貞観大噴火。
貞観8年(866年)閏3月10日、応天門の変が起こる。内裏朝堂院の正門応天門が炎上し、これを巧みに利用して伴氏・嵯峨源氏の追い落としに成功した藤原良房は、同年8月19日、天皇の外祖父であることを理由に、人臣として最初の摂政に任命された。
貞観10年(868年)7月8日、播磨国地震が発生する。日本三代実録によれば官舎、諸寺堂塔ことごとく「頽倒」したという。前年から引き続き、毎月のように地震があったと見受けられる。
貞観11年(869年)、格12巻が完成する。貞観地震とそれに伴う貞観津波が発生する。貞観の入寇が起こる。
貞観12年(870年)、貞観永宝が鋳造される。
貞観13年(871年)、式20巻が完成する。これにより貞観格式が完成した。鳥海山が噴火する。
貞観16年(874年)、開聞岳が噴火する。


関連過去記事

【警鐘】2018年は大震災の年になる恐れ!東日本大震災前と類似、新燃岳噴火は大地震の前兆だ
http://johosokuhou.com/2018/03/08/1795/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /
情報速報ドットコムの最新記事が届きます!